年齢に合わせて使うスキンケアを選ぶという方もいれば、年齢よりも自分の肌悩みや肌質を重視してスキンケアを選ぶという方もいますよね。

年齢は気にしないつもりでいても、肌にはどうしても年齢が表れてしまうもの…。

エイジングケアを意識しだす方が多いアラフォー世代には米肌は向いているのでしょうか。

年齢を感じさせない肌作りをするためのエイジングケアとして米肌はアラフォーの肌に向いていると言えるのでしょうか。

米肌はアラフォー世代に向いている?

スキンケア商品にはブランドによって対象年齢が決められているものがあります。

ひとつのブランドの中でもティーン向け、アラサー、アラフォー、エイジングケアなどと年齢に合わせたケアができるように対象年齢を細かく設けているところもありますよね。

米肌はどうなのでしょうか。

ポイント1:対象年齢は?
米肌は特に対象年齢が定められていないブランドのため、どの年代の方が使用しても問題はありません。

米肌の場合は年齢によって使用者を分けるというよりも、年齢関係なく肌悩みに適した方に使用してほしいという考えに近いと言えます。

そのため極端な話、肌質に合いさえすれば親子二世代または三世代で使用しても良いということになるわけです。

ポイント2:どんな効果に期待ができる?
米肌の特徴は何といっても“大人が美しい国へ”をキャッチコピーとし、潤いを自ら作り出す力を与え、コーセーが70年培った技術で作られたスキンケアブランドということです。

米肌にはライスパワーNO.11が配合されていますが、この成分は医薬部外品の効能として「水分保持能を改善できる」と認められた唯一の有効成分です。

通常肌の水分を維持したり保湿に関係してくるセラミドは加齢とともに減少してしまいますが、ワイスパワーNO.11はセラミドを生み出す力を持っているため、米肌を使うことで保湿力を実感できたり潤いを実感できたりするのです。

ポイント3:エイジングケア効果も!
ライスパワーNO.11のおかげでセラミドを生み出し、潤いに満ちた肌状態を作ることができるとキメが整い、透明感が増したり毛穴が目立たなくなるということが起こります。

アラフォー世代はこれまでのスキンケアの仕方がここにきて現れだす世代でもあり、エイジングケアが必要となる世代でもあります。

ライスパワーNO.11には保湿効果だけではなく、エイジングケアで必要とされるキメ、小じわ、弾力に対する効果にも期待がもてるとされています。

そのため米肌がアラフォー世代にも使ってもらえる理由としては、このエイジングケア効果にも期待がもてるという点にあります。

肌に潤いを与えてキメを整えることで外部からの刺激を受けにくい肌を作ることができますし、そうすることで肌状態が良くなり気になる小じわや弾力も気にならなくなってくる可能性があります。

潤いを実感したいアラフォー世代の方だけではなく、保湿力を重視したい方に米肌は効果を発揮してくれます。

アラフォー世代の口コミは?

では実際に米肌を使用しているアラフォー世代の口コミを見てみましょう。

◎保湿力が高く肌がしっとりする(38歳)
◎とろみのあるテクスチャーで優しく潤う感じがする(37歳)
◎他社製品でライスパワーNO.11が配合されているものを使用していたけど値段が高かったため米肌へ変えたが、とても良い(44歳)
◎夏場は重く感じるが秋冬はべたつきもなく、つるんとした使用感で良いと思った(37歳)

実際に米肌を使用しているアラフォー世代の口コミを見てみると、保湿力を実感できていたり、気に入って使用できていることがわかります。

ここでは紹介していませんが、中には物足りないと感じる方や値段が高いと感じている方もいるため、アラフォー世代と一括りにしても、肌質によって感じることは異なるということになりますね。

それでも米肌のもつ保湿力の高さやエイジングケア効果を実感してみたいという方は、年齢は気にせず米肌を試してみてはいかがでしょうか。